QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
けん

2013年08月23日

原発事故に思う

東京電力の福島第一原発事故から2年以上の年月が経っています。
車について思うことがあります。

事故直後ならば自動車の外板の方が放射性汚染物質に曝される可能性が高く、
車内は人が入らない限りクリーンでしょう。

しかしその後その自動車がどのような使われ方をしたかを考えれば、車内の方が高くなるのが自然ですね。
東京電力の福島第一原発事故直後ならば自動車を洗えば綺麗になります。
しかしその後の事を常識的に考えれば、車内も掃除した方がいいでしょう。
普通に自分の自動車を綺麗にするようにね。

何処ぞの誰かのように「直ちに福島から逃げろ!」と言うのはどうかしてますが、ただ外板だけ洗えば安全と言い切るのもどうかしている。

現地に行ってみれば良くわかりますよ。外部の人間が安全の危険のと騒ぐだけで神経がヤスリで擦られる様な思いで暮らす人々が驚くほどたくさん居るという事を。

原発を止めるの動かすのという前に、やるべきことはまだまだたくさんあります。

ここの管理人が御提案なさった「福島の放射性汚染物質の常磐炭鉱への収容」など、それが実現出来るなら、福島の人々も喜ぶでしょうが、茨城県の人々は、どう思うでしょうかね。

まぁ、自動車の車内の埃とはレベルが違い過ぎますがね。

測定結果が国の基準内なら、安心して使って大丈夫だとは思います。ただ、専門家でも神でもないゆえ、未来の保証まではし兼ねますが。  


Posted by けん at 22:20Comments(0)